就職

高卒でも高収入を狙える仕事5選

GOODWORK 2018/05/01
高卒でも高収入を狙える仕事5選
FacebookGoogle+TwitterHatena

高卒の人の中には、高卒でも高収入が狙える仕事を探している方もいるのではないでしょうか。基本的に大卒や大学院卒よりも高卒は年収が低いと言われています。しかし、日本の業種の中には学歴を重視しないところも少なくありません。そのため、高卒の人でも高収入を狙うことは可能です。今回は、高卒でも高収入が狙える仕事を5つご紹介するので、興味のある人はチェックしてみて下さい。

システムエンジニア

高収入を狙える仕事のひとつとして挙げられるのがシステムエンジニアです。システムエンジニアは主にシステム開発を担う人を指します。

システムエンジニアと一言で言っても、さまざまな種類があります。例えば、サーバーサイドを担当する人、クライアントサイドを担うフロントエンジニア、データベースの設計や構築、保守を行うデータベースエンジニアなどです。

システムエンジニアは比較的年収が高いお仕事となっています。平均年収は477万円から510万円程度となっており、ほかの職業に比べて高いと言えるでしょう。年収は比較的高いですが、高収入のお仕事を探している人の中には、高卒でもシステムエンジニアになることができるのか不安に思われている方もいるでしょう。

システムエンジニアは高卒でも就職することが可能です。IT企業の中にはスタッフの数が足りていないところも多く、実際に未経験者を採用するところもあります。また、企業によっては専門卒以上など学歴を問うところもありますが、基本的にはエンジニアとしてのスキルを重視するところが多く、学歴は問わないIT企業も少なくありません。そのため、高卒でもシステムエンジニアになることはできるでしょう。

高卒なので、採用されるのか不安を感じる方はIT関連資格を取得してみてはいかがでしょうか。システムエンジニアに関連する資格は受験資格を問わないものが多いです。そのため、高卒でも資格に挑戦することができます。もし、難しいIT関連の資格を獲得することができれば、採用されるのが難しいIT企業にも勤められる可能性があります。

運行管理者

システムエンジニアのほかにも高卒で高収入が狙えるお仕事として、運行管理者を挙げることができます。運行管理者とは、運行管理試験に合格した方でさらに自動車運送事業者として任命を受けた人のことになります。主に運転者の指揮監督を行うお仕事で責任は重大です。

運行管理者になるためには大卒などの学歴は必要なく、高卒からでも十分に目指すことができるお仕事です。運行管理者の年収は大体400万円以上と言われており、年収は低くはありません。年収は勤める企業によっても大きく変化するため、大企業になると800万円近く受け取っている運行管理者もいます。

行政サービスマネージャー

行政サービスマネージャーとは福祉施設や公共施設のマネジメントを行う人を意味します。行政サービスマネージャーになるためには、行政関係での実務経験が1年以上必要ですが、高卒でもなることができるお仕事です。行政サービスマネージャーの中には、実際に年収600万円以上の人もおり、高収入を十分に狙うことができるお仕事です。

ガテン系のお仕事

ガテン系のお仕事も高収入を狙えるお仕事のひとつです。現場工事でお仕事をすることになるため、体力仕事となりますが、高収入を狙えます。大体ガテン系の平均年収は400万円ぐらいだと言われています。

基本的にガテン系は実力がものを言う業界です。そのため、工事現場で使われる車両の免許を取得すると、さらに年収アップを期待することができます。例えば、ショベルカーやモーダーグレーダーなどは工事現場で頻繁に使われるので、免許を持っておくと給与アップを期待することができるでしょう。

ガテン系のお仕事は高卒だけでなく、中卒でも採用される可能性が高いお仕事です。学歴を見て採用する企業は少なく、学歴関係なく人柄や、やる気を見て採用をするところが多くなっています。

学歴を問われることなく、高収入を得られるお仕事となりますが、その分、怪我をする危険性もあり、体力も使います。そのため、ガテン系は体力がある人が選ぶようにして下さい。

ガテン系のお仕事には数多くの資格があることをご存知ですか。例えば有名な資格として一級土木施工管理技士などを挙げることができます。土木施工管理技士は土木施工管理に長けている人で、取得することでさまざまなメリットを獲得することが可能です。

資格を取ることで社内評価も上昇するので、給与アップやキャリアアップに繋げることができます。ガテン系の企業の中には、働きながら資格を目指せる環境を整えてくれるところもあるので、資格を取得したい人はそのような企業に就職するといいでしょう。

生命・損保系のお仕事

生命保険や損保系のお仕事をしている損保マンも高卒で高収入を狙えるお仕事のひとつです。基本的なお仕事は、保険に加入する人を探すために営業をしたり、保険の内容の説明や、顧客のサポートを行います。平均年収は大体500万円前後と言われてますが、成績や歩合を元に給与を算出する企業が多いため、自分の実力で年収を大きく変化させることができます。

例えば、損保マンの中には年収が1000万円を超える人もいます。学歴だけでなく、生命・損保系のお仕事は年齢も給料に影響しないので、20代や30代で1000万円以上稼ぐ人も存在します。自分の実力を試したい人や、年功序列制度や学歴社会の中に身を置きたくない人は、損保系のお仕事に就くことで充実したライフワークを過ごせる可能性があるでしょう。

まとめ

学歴を重視する業界の中には、大卒を優先的に雇用するところは珍しくありません。また、大卒のほうが高卒に比べて高収入を得られやすくなっていることも事実です。しかし、日本にはさまざまな業界があり、学歴を重視しない業界も数多くあります。

例えば、ガテン系や損保、システムエンジニアなど、実力を重視するところは少なくありません。実力を大切にする業界は高卒でも高収入を狙いやすくなっているので、高卒におすすめできます。

業界によっても異なりますが、それぞれの企業で得られる年収は大きく変化します。そのため、年収が高いところで働きたい人は、できるだけほかの企業よりも高収入を支給してくれるところを選択するようにしましょう。