プログラミング

フリーランスが健康診断を受ける必要性や受診方法を知る

GOODWORK 2018/05/10
フリーランスが健康診断を受ける必要性や受診方法を知る
FacebookGoogle+TwitterHatena

フリーランスにとって健康を維持して生活することはとても重要なことです。健康を維持するためには、自分の体の健康状態を定期的に把握する必要があります。健康状態を把握する手段のひとつに健康診断を挙げることができます。

会社員とは異なり、フリーランスは会社から指示されて健康診断を受けるのではなく、自らの意志で受診する手続きをしなければなりません。そのため、フリーランスの中にはどのように健康診断を受ければいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。今回はフリーランスが健康診断を受ける必要性や受診方法をご紹介するので、興味のある人はチェックして下さい。

フリーランスが健康診断を受ける必要性

健康診断を受けなければならない理由は大まかに分けて3つあります。

フリーランスも健康第一だから

健康診断を受ける1つ目の必要性は、健康チェックは健康体を維持するために重要だからです。特にフリーランスという働き方は、ほかの働き方に比べて健康の維持は重要と言えます。例えば、会社員には基本給や有給休暇があるので、万が一病気になって会社で働くことができなくなっても生活に必要なお金を得ることができます。

一方、フリーランスは仕事ができなくなればその時点で報酬を得られなくなるので、病気になれば今までの生活を維持していくことは難しくなります。そのため、フリーランスにとって健康の維持は生活に大きく影響を与えるため、健康体で生活することはとても重要であり、さらに健康体を維持するためには健康状態のチェックは必要なため、フリーランスは必ず定期的に健康診断を受けるべきです。

健康診断を受けることで病気の早期発見を期待できる

病気の早期発見ができるので、健康診断の必要性は高いと言えます。早期発見をすることで、深刻な病気になる前に治療ができるので、短期間で回復することができたり、命に危険を及ぼしたりする可能性が低くなります。万が一、フリーランスが病気になったとしても、健康診断を行い病気の早期発見ができれば、早くお仕事に復帰ができるので、定期的に健康診断を行うことはフリーランスにとっても重要です。

健康に対する不安感の減少

フリーランスが健康に対して不安感があると、保険料に多くのお金を費やしたり、仕事に集中できなくなったりすることもあります。そのため、不安感を少なくするために、健康診断を受けることは重要です。

フリーランスが健康診断を受ける方法

では、具体的にフリーランスが健康診断を受けるにはどのようにすればいいのでしょうか。健康診断を受診する方法は3つあります。

保険組合を利用して健康診断を受ける

フリーランスが健康診断を受ける方法のひとつに、保険組合の利用を挙げることができます。例えば、会社で働いていた人がフリーランスに転身する際に、以前勤めていた会社の保険を継続していれば、その保険組合を利用して健康診断を受診できます。直接病院で人間ドッグなどを受けるととても高い費用を請求されますが、保険組合を利用すれば病院によっても違ってきますが、1,500円〜3,000円程で健康診断を受けられるので、医療費も抑えられます。

総合病院で健康診断を受ける

フリーランスの中には自分で総合病院などに足を運び、健康診断を受けている人もいます。基本的に多くの総合病院では検査や人間ドッグを提供しています。そのため、総合病院で手続きをすれば、健康診断を受けることは可能です。

しかし、ここで注意が必要なのが費用です。上記でも少し触れたように、組合などを通さずに健康診断を受けると費用が高くなります。例えば、総合病院で検査を受けると9,000円〜10,000円程度の出費になります。また、人間ドッグを利用すれば、50,000円〜100,000円程度の費用が必要です。

費用が高いので敬遠される人もいますが、フリーランスにとって健康の維持は重要なので、この方法を選択する人は、ある程度のお金を支払っても定期的に総合病院で健康診断を受けることをおすすめします。

自治体の利用

フリーランスが健康診断を受ける3つ目の方法は、自治体を利用することです。自治体では健康診断を実施しており、自治体側が提示する条件に当てはまれば受診することができます。

自治体が提供する健康診断は、総合病院を利用して検査や人間ドッグを受けるよりも安い費用で受診することができます。それぞれの自治体によっても費用は異なりますが、大体3,000円程度で受けられます。そのため、あまり費用をかけたくない人は自治体の健康診断を利用するようにしましょう。

費用が安いのであまり詳しい検査はできないのではないかと思われる方もいますが、基本的に医師や看護師などが健康診断を行うので、総合病院の検査より詳しさが欠けるということもありません。しかし、調べられる内容は各自治体で変化するので、まずは自分が住所を置く自治体のホームページを確認されてみてはいかがでしょうか。

健康診断でかかったお金は経費に計上できるのか

特に総合病院を利用して健康診断を受ける人は費用が高いので、健康診断にかかった費用は経費計上できるかどうか気になるフリーランスもいるのではないでしょうか。

結論から申し上げれば、健康診断にかかった費用は経費計上することはできません。その理由は、法人とは違い個人事業主の健康診断はプライベート性が高いと判断されるからです。そのため、負担を感じたくない人は、自治体や保険組合などを利用して健康診断を受けるようにしましょう。

まとめ

フリーランスが健康診断を受けるための方法は複数挙げることができます。それぞれの方法によってかかる費用や手間などが異なるので、十分に検討してから選択するようにしましょう。フリーランスにとって健康を維持することはとても重要なので、費用や手間はかかりますが、定期的に受診することをおすすめします。

フリーランスが健康を維持することができれば、今まで通りの生活をキープすることができます。また、病気で仕事仲間に迷惑をかけるリスクも低下するので、フリーランスにとって健康診断はメリットがあると言えるでしょう。もし今まで健康診断を受診したことがないフリーランスがいるなら、さっそくご紹介した方法を選択して健康診断を受けてみてはいかがでしょうか。