就職

ニートでも高収入を得られる仕事に就く!おすすめの仕事9選

GOODWORK 2018/05/29
ニートでも高収入を得られる仕事に就く!おすすめの仕事9選
FacebookGoogle+TwitterHatena

ニートの中には自分を変えるために、就職を考えている方もいるのではないでしょうか。就職を検討している人の中には、せっかく就職するなら、高収入仕事に就きたいと思われている方もいるでしょう。今回、ニートにおすすめできる高収入仕事をご紹介するので、働いてたくさん給料を手にしたい人はチェックして下さい。

エンジニア

ニートにおすすめの高収入仕事としてエンジニアを挙げることができます。エンジニアと一言で言っても業種の種類はたくさんあります。そのため、業種によって年収は大きく変わります。例えば、ソフト系で勤めるエンジニアは平均年収525万円です。ハード系は519万円となっています。日本の平均年収は420万円と言われているので、エンジニアの年収はそれよりも高く、高収入を得られる仕事と言えるでしょう。

エンジニアになれば高収入を得ることができますが、ITの知識がない人の中には、自分でもエンジニアとして就職できる不安を感じる方もいるでしょう。たしかに、エンジニアとして勤めるためには、ある程度のITスキルが必要になります。しかし、現在では書店でIT関連の書籍も購入できますし、インターネット上にはeラーニングなどもあるので、独学で知識を身に付けていくことはできるでしょう。知識を習得して就職活動をすれば、内定をもらいやすくなるので、なるべく勉強しておくことをおすすめします。

また、IT業界は学歴を重視しない業界です。また、人材不足に陥っているIT企業も多いので、ニートでも就職して高収入を得られるお仕事と言えそうです。

営業職

ニートにおすすめできるそのほかの高収入仕事は営業です。営業にも職種が複数あり、職種によって年収も大きく変化します。例えば、医療情報担当者として働く営業マンの平均年収は515万円となっており、職種によっては十分高収入を得られる職種と言えそうです。

基本的に営業は会社で販売する商品を売ったり、契約を獲得したりします。クライアントに商品説明やサービス案内を行うため、社交性が高い人に向いているお仕事となっています。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は平均年収が高く、資格は必要になりますが、高収入を得られるお仕事です。平均年収は会社の規模によって大きく変化します。小企業の平均年収は469.8万円、中企業は518.4万円、大企業は626.4万円となっています。中企業、大企業になれば年収500万円を超えるため、高収入を得られるお仕事と言えそうです。

マンション管理士

マンション管理士も高収入なお仕事に就きたいニートにおすすめです。大企業に勤めるマンション管理士の平均年収が638万円となっており、とても高い年収を得ることができます。マンション管理士になるためには試験に合格する必要がありますが、合格すれば高い年収を得ることができるでしょう。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は不動産の適正価格を算出するお仕事です。基本的に不動産鑑定士として働くためには資格が必要になるため、資格に合格しなければなりません。

資格に合格して不動産鑑定士になれば、高収入を得られるお仕事です。企業規模によっても年収は変動しますが、大企業に勤める不動産鑑定士にもなれば、平均年収は964万円にも達します。1000万円近くの年収を受け取ることができるので、高収入仕事と言うことができるでしょう。

ソムリエ

お酒が好きなニートは、お酒に関わるお仕事をしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。お酒に関われるお仕事にソムリエを挙げることができます。ソムリエはワインに精通し、顧客の要望に合わせて接客するお仕事です。年収は300万円から600万円程度と言われており、ソムリエになることができれば高収入を得ることができるでしょう。

パーソナルショッパー

パーソナルショッパーとは、簡単に説明すると個人付の買い物コンシェルジュのことを言います。パーソナルショッパーは、資格が必要ない職業です。誰でも始められるため、最近では注目を集めている職種でもあります。

パーソナルショッパーの平均年収は約1,000万円と言われています。個人差はありますが、お客様の信頼を得られ、お客様に最適なアドバイスができる方なら年収1,000万円も夢ではありません。

最近では顧客と契約して仕事を行うフリーランスとして活動しているパーソナルショッパーも存在しています。企業の中で働く必要もないため、ニートには特におすすめの職業となっています。高収入な仕事となっているので、ニートで所得アップを目指している方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

税理士

税理士は資格が必要な職業となっていますが、ニートで時間に余裕がある方は資格を取得して税理士を目指してみてはいかがでしょうか。税理士を勧める理由の一つとしては、高収入を目指せるからです。税理士の平均年収は約700万円となっており、資格別年収ランキングでもトップ10に入る収入の高さです。独立している税理士なら、1,000万円以上の年収を得ている人も珍しくありません。資格を取得する必要はあるので手間はかかりますが、時間に余裕のあるニートは挑戦してみてください。

公認会計士

公認会計士は、平均年収で見ても高収入を目指せる職業として注目を集めています。平均年収は約800万円となっており、大企業の公認会計士になると1,000万円を超す人たちもいます。公認会計士も資格を取得しなければいけない職業ですが、資格試験は年齢や学歴など一切関係なく受けることができるので、ニートでも取得を目指すことはできます。

また、公認会計士は企業に就職することもできますが、独立することも可能です。独立をしてたくさんの顧客を抱えることで、更に年収アップを目指すことができます。公認会計士は比較的安定した職業でもあるため、興味がある方は目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はニートにおすすめの高収入の仕事について紹介しましたが、お好みのお仕事は見つけられたでしょうか。せっかく働くなら高収入の仕事に挑戦したいと思っている方が多いでしょう。就職を考えているニートで高収入を得たい人は、ここで説明した職業に就くことを検討してみてはいかがでしょうか。