プログラミング

スマホでプログラミングを学習できるアプリ10選

GOODWORK 2018/01/30
スマホでプログラミングを学習できるアプリ10選
FacebookGoogle+TwitterHatena

 

プログラミングの勉強を始めたい人の中には、気軽にスマホから学習したいと思われる方もいるのではないでしょうか。

現在、App StoreやGoogle Playではプログラミング学習用のアプリが数多く公開されています。そのため、アプリから気軽に学ぶことが可能です。

しかし、プログラミング学習用のアプリは複数存在するので、どのようなアプリが自分に相応しいのかわからない方もいるでしょう。

そこで、今回はおすすめのアプリをピックアップしたので、興味のある方はチェックして下さい。

 

Pocket Programming


http://rails.pocket-programming.com/ja
 

Pocket ProgrammingはAndroid、iPhoneアプリに対応しており、Rubyが学べるアプリです。

Pocket Programmingは初心者向けに作られたプログラミング学習用アプリです。そのため、これからRubyの学習を進めたい人におすすめできるスマホアプリになります。

Rubyを学習する上で初心者が難しいと思う箇所を、ポイントを抑えながら丁寧に教えてくれるので、挫折する可能性が少ないです。また、Pocket Programmingで提供される問題は3択なので、直接コードを打てない人でも気軽に学習を進められます。

Rubyを学習する上で、人それぞれで苦手意識を持ってしまう分野が出てきます。Pocket Programmingでは苦手ジャンルを分析して、マスターできるように克服方法も教えてもらえます。

復習は何回もできるため、Pocket ProgrammingだけでRubyの知識を高めることができるでしょう。

 

lrn


https://itunes.apple.com/jp/app/lrn-learn-to-code-at-your/id1019622677?mt=8
 

lrnで学ぶことができる言語はJavaScriptです。JavaScriptは主にWEB開発で使われる言語です。例えば、画像をスライドさせてWEBサイトに動きを加える時に、JavaScriptは必須です。

また、Node.jsの登場により、サーバーを構築する時もJavaScriptを使用できるようになりました。

lrnでは7つのステップがあり、段階的に学習を進めていくことができます。また、アプリ内で実際に自分が書いたコードを実行できるため、どのように動かくのか確認もできます。

ステップの最後には、どのぐらい知識を習得できたかを確認するために、復習問題が準備されているので、1つのアプリでインプットだけでなくアウトプットも行え、効率的に学習を実現できます。

 

codebelle – スキマ時間で学ぶプログラミング


https://itunes.apple.com/jp/app/codebelle-スキマ時間で学ぶプログラミング/id1072749712?mt=8
 

codebelleもスマホでプログラミングの学習ができるアプリです。

学べる言語はSwiftです。Swiftは主にMacのアプリケーションやiPhoneのアプリ開発で使われるプログラミング言語です。

Swiftが登場する前、iPhone、Mac開発で使われていた言語はObjective-cでした。しかし、今は使い勝手からSwiftを使うのが一般的です。

もしSwiftを学んで知識を高められれば、自分でオリジナルのiPhoneアプリなどを作ることが可能です。特に日本はiPhoneユーザーが多いので、codebelleで学習して、将来みんなに楽しんでもらえるiPhoneアプリを作ってみてはいかがでしょうか。

 

Schoo – Web業界で働くためのオンライン動画学習アプリ


https://itunes.apple.com/jp/app/schoo-動画学習アプリ/id903311774?mt=8
 

Schooはプログラミングだけでなく、ビジネスマナーやTOEICも学べるアプリです。問題をひたすら解いて学習するというアプリではなく、Schooは参加型の学習も取り入れているので、アプリユーザーと一緒に学習を進められます。

また、Schooでは講師への質問も可能なので、わからないことでつまずいた時は先生に質問して、早い段階で問題を解決することができます。

 

アルゴリズム図鑑


https://itunes.apple.com/jp/app/アルゴリズム図鑑/id1047532631?mt=8
 

アルゴリズムはプログラム設計をする上で重要です。そのため、プログラマーになりたい方は知っておいて損はないでしょう。

アルゴリズム図鑑は、初心者向けのアプリなので、アルゴリズム学習が苦手な方でも利用しやすいアプリです。また、動画で説明をしてくれるので、理解しやすいです。

 

ShareWis(シェアウィズ)90秒のスナックコースで学ぼう


https://itunes.apple.com/jp/app/sharewis-シェアウィズ/id585517208?mt=8
 

ShareWisは短い時間でサクッと学べるプログラミング学習向けアプリです。また、どのぐらい学んだのかアプリ内で確認できるので、達成感を得られるでしょう。

 

MyScripts LE


https://itunes.apple.com/jp/app/myscripts-le/id556253271?mt=8
 

MyScripts LEはテキスト処理をするためのJavaScriptを学べるアプリです。

プログラミングをする上でテキスト処理を扱うことは珍しくありません。例えば、ユーザーが入力をしたメールアドレスが誤った形式になっていないか調査したり、入力した文字にスクリプトが含まれていないか確認しなければならない機会は非常に多いです。

JavaScriptはWEB開発に使われる言語ですが、ユーザー登録などテキスト処理を扱う機会は多く、学ぶことで後悔することは少ないでしょう。

 

LadderTouch


https://itunes.apple.com/jp/app/laddertouch/id386737169?mt=8
 

プログラミング学習向けアプリの中でも比較的珍しいラダーを学べるアプリです。

アニメーションで解説してくれるので、文字や画像だけで説明された参考書よりもわかりやすいです。

また、LadderTouchにはトレーニング問題も準備されているので、問題を解いて知識を高めることもできます。

 

Joint Apps


https://www.jointapps.net
 

Joint Appsはブロックが準備されており、そのブロックを繋げることでアプリ制作を体験できます。ブロックをつなぎ合わせるだけなので、お子様でも楽しめるプログラミング学習向けアプリです。

Joint Appsで制作できるアプリは、カメラアプリや地図アプリなどです。ブロックをつなぎ合わせるだけですが、本格的なアプリ開発もできるでしょう。

 

LinkedInラーニング: オンライン学習コース


https://itunes.apple.com/jp/app/linkedinラーニング-オンライン学習コース/id1084807225?mt=8
 

LinkedInラーニングではプログラミングだけでなく、ITと関係があるさまざまな分野の学習が可能です。例えば、3Dゲームが数多く登場していますが、3Dのキャラクターを作るためにはモデリングやアニメーションが必要です。3Dの知識もLinkedInラーニングで学べます。

 

まとめ

 

お子様でも楽しめるアプリから、RubyやJavaScriptなどの本格的なプログラミング言語を学べるものなど、幅広いアプリが公開されています。自分に適したものをスマホにダウンロードして、気軽にプログラミング学習をスタートさせてみてはいかがでしょうか。