プログラミング

タブレットでプログラミングの学習ができるサービス10選

GOODWORK 2018/01/30
タブレットでプログラミングの学習ができるサービス10選
FacebookGoogle+TwitterHatena

 

タブレットでプログラミング学習ができるサービスが数多く提供されています。タブレットは持ち運びができるので、自宅だけでなく、外出先でも学習することができます。

今回はタブレットでプログラミング学習ができるサービスを激選して紹介するので、タブレットでプログラミング学習を進めたい人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

スマイルゼミのプログラミング講座


https://smile-zemi.jp/shogaku/tsuduku/programming.html
スマイルゼミのプログラミング講座はスマイルゼミが提供するプログラミングを学べる講座です。サービスの対象者は小学生1年生〜6年生までです。

スマイルゼミのプログラミング講座を受講すれば、タブレットでプログラミングに必要な論理的思考を学ぶことができます。ゲーム感覚で楽しめるようになっているので、お子様でも飽きてしまうことは少ないです。

最大の特徴は、義務教育課程で学ぶ教科とプログラミングを掛け合わせて学習できることです。例えば算数とプログラミングを掛け合わせたり、理科とプログラミングを掛け合わせて学べます。

プログラミング学習と同時に算数や理科なども勉強できるので、メリットを感じるお父さん、お母さんも少なくないでしょう。

 

プログラミングゼミ


https://programmingzemi.com
プログラミングゼミは株式会社DNAが提供する、お子様向けプログラミング学習用アプリです。タブレットはもちろんのこと、パソコンにもアプリケーションをダウンロードさせられるので、さまざまな端末に対応してくれます。

プログラミングゼミでは、問題解決をするための力や、発想力を成長させられるように設計されています。ブロックを繋げてキャラクターに動きを加えるなど、楽しく遊びながらできるようになっているので、プログラミングにまだ興味が沸かない子でも学びやすいです。

 

SwiftBites


https://itunes.apple.com/jp/app/swiftbites-learn-how-to-code-in-swift-interactive-mini/id1032914874?mt=8
SwiftBitesではプログラミング言語、Swiftを学ぶことができるアプリです。タブレットでも利用できますが、スマホにもインストール可能なため、タブレットを持っていない人でもダウンロードしてSwiftの学習をスタートさせられます。

SwiftBitesでは3択の問題が出題され、答えていくアプリです。記述式ではないため、難易度が低く、これからSwiftの学習を始めたい人にもおすすめのタブレットアプリです。

 

visucuit


https://www.viscuit.com
visucuitは小学校に就学する前におすすめしたいタブレットアプリです。絵などを用いて視覚的に理解できるように設計されているので、文字が読めない子でも学習しやすいです。

遊び方の動画などもあるので、動画を見て遊び方を知ることができます。また、ワークショップやイベントに参加をすれば、visucuitを利用している子供たちと一緒にプログラミングをすることが可能です。

 

FOODSとcodeSparkアカデミー


http://codespark.org
FOODSとcodeSparkアカデミーはキャラクターにプログラミングで命令をして、アイテムを獲得したり、障害物を壊して進めていくゲームです。ゲームを楽しみながらプログラミング学習ができるので、飽きにくくなっています。

FOODSとcodeSparkアカデミーは英語での説明が多いので、小学生や中学生には少しハードルが高いタブレットアプリです。

 

Digital Puppet


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.takoyaking.digitalpuppet&hl=ja
Digital Puppetはプログラミングパズルゲームです。Google Playでダウンロードすることが可能です。

パペットにプログラミングをして行動を決め、敵を攻撃して楽しむゲームです。

Digital Puppetには40のステージがあるので、飽きることなくプログラミングをしながらステージをクリアさせられます。また、年齢を問わずにプレイをすることが可能なため、小さいお子様から大人までタブレットでステージに挑戦することができます。

ステージによっても異なりますが、適度な難易度に設定されているので、難しすぎて嫌になってしまったり、簡単すぎて飽きてしまうことは少ないです。さらに、40ステージ全てが無料なので、安い価格でプログラミング学習を取り入れることができるでしょう。

 

Lightbot


http://lightbot.com/hour-of-code.html
Lightbotもゲーム感覚でプログラミング学習ができるタブレットアプリです。App Store、Google Play、amazonの3つのストアに対応しているので、幅広い人がダウンロードして楽しむことができます。

価格は$2.99ですが、この価格でプログラミングを楽しく学べるので、おすすめです。

Lightbotではパズルを使用して、キャラクターをプログラミングして動かします。エンターテイメント性が高いので、子供だけでなく、大人でも楽しめます。

 

Lrn


https://itunes.apple.com/jp/app/lrn-learn-to-code-at-your/id1019622677?mt=8
LrnはHTMLやCSSなどの基礎的な言語から、JavaScriptやRuby、Pythonなどの本格的なプログラミング言語も学ぶことができるタブレットアプリです。

現在では学習スタートアップ言語としてPythonは注目されていますので、実際に学習したい人は多いでしょう。また、JavaScriptもWEB開発には必要不可欠な言語です。

本格的なプログラミング言語をタブレットで学ぶことができるので、ゲーム感覚ではなく、しっかりと学習したい人におすすめのアプリです。

Lrnの学習スタイルは選択形式です。プログラミングを実際に記述する必要がないため、あまり知識がない人でも利用しやすいでしょう。

 

Udemy


https://itunes.apple.com/jp/app/udemy-online-courses/id562413829?mt=8
Udemyは無料でダウンロードして使用できるプログラミング学習用のアプリです。ダウンロードは無料ですが、アプリ内課金があるので、すべてのサービスを無料で利用できるわけではありません。

Udemyでは、WEB開発とアプリ開発に必要な知識を学ぶことができます。さらに、データサイエンスや語学学習など、幅広い分野を扱っています。そのため、プログラミング学習だけでなく、幅広い分野の知識を高めたい方におすすめできるアプリです。

 

まとめ

プログラミング学習用タブレットアプリには、ゲーム感覚で楽しむことができるものから、本格的なプログラミング言語が学べるものもあり、学習を検討している人のレベルに合わせてタブレットアプリを選択することができるでしょう。

紹介したアプリの中には、有料のものやアプリ内課金が必要なものもあるため、予算なども検討して学習に取り入れてください。