プログラミング

プログラミング初心者が学習前に理解しておくべきこと

GOODWORK 2018/09/05
プログラミング初心者が学習前に理解しておくべきこと
FacebookGoogle+TwitterHatena

「プログラミングをやってみたいけど、何から始めたらいいのかわからない!」とお困りの方はいませんか?

「プログラミング初心者」や、「プログラミング学習で挫折したことがある人」、「プログラミングに興味を持って、IT系の職種に就職・転職したいと考えている人」に向け、どのようにプログラミングを学べばいいかまとめました。

プログラミングとは

ソースコードを開示し説明箇所を赤く囲む

プログラミングとは、人間の意図どおりにコンピュータを動かすため、コンピュータに伝わる言葉で指示を与えることです。

コンピュータに伝わる言葉のことを「プログラミング言語」と呼び、コンピュータへの指示が形になったものを「プログラム」といいます。

プログラマーとは、プログラミングの知識と技術を持った人を指します。プログラミングを習得すれば誰でもプログラマーであり、より専門性を高めて職業にすることも可能です。

プログラミング初心者が学習するときのポイント

プログラミング初心者が学ぼうとする際に、理解しておくべき点をまとめました。

 

  • プログラミングを学ぶ理由を明確にする

「プログラミングを学んでどうしたいのか」を考えて、目標を決めることが必要です。プログラミング学習は地道な作業の繰り返しになるので、途中で飽きたり挫折しそうになるかもしれません。目的意識が定まっていると、勉強が長続きします。

 

  • プログラミングを学習しやすい環境を作る

プログラミング学習の環境を整えることを「開発環境作り」といいます。スマホやタブレットでもプログラミングは可能ですが、長い時間・多くのプログラムを組んで練習するならば、パソコンにキーボードで入力する形が望ましいです。

 

  • 学習するプログラミング言語を1つに絞る

無数にあるプログラミング言語を、初心者が複数同時に習得するのは難しいです。まずは1つのプログラミング言語に絞ります。

次に、一気に憶えようとしてはいけません。ハードルは低めに、初心者向けの書籍やWebサイトのプログラム例文を、真似して入力する段階からスタートしましょう。手指を使うことで、入力に慣れて、コードを理解しやすくなります。

プログラミング初心者におすすめの言語

自然光とノートパソコン

学習するプログラミング言語を絞るには、それぞれの特徴や業界内での使われ方を理解しておく必要があります。各プログラミング言語に、得意不得意の傾向があるためです。初心者の人は、名称を憶えるところからスタートしましょう。

「自分がプログラミング言語を習得して、どうしたいのか」を明確にしておくと、関連業界で使用率が高い言語を選ぶ、という流れになります。

もし、「プログラミング言語を習得する目標」が定まらない場合は、IT業界の中でも広く使われている、汎用性の高い言語に目を向けると良いです。

Python(読み方:パイソン)

Pythonは、コードがシンプルで、書く分量が少ないのが特徴です。誰が書いてもわかりやすい表記になるので、初心者の学習も容易なのが人気の理由です。

 

  • Webアプリの開発
  • AI(人工知能)開発
  • 統計やデータ分析

 
Pythonは、上記のように使用分野が広いので、汎用性の高いプログラミング言語といえます。身近な範囲ですと、有名SNSの「インスタグラム」や動画配信の「ユーチューブ」も、Pythonで開発されています。

Java(読み方:ジャバ)

Javaは、スマートフォンのアプリ開発や家庭内の電化製品のコンピュータ制御に使用されるプログラミング言語です。

IoT技術(家電や車など身近な生活品にコンピュータを載せ、ネットで接続して管理する技術)の進歩に伴い、メーカー企業からの需要が高い言語です。就職・転職に有利なため、専門講座を用意するプログラミングスクールもあります。

Javaで開発された身近な例ですと、SNS『ツイッター』や、サンドボックスゲーム『マインクラフト』、Blue-rayディスクプレーヤー等があります。

PHP(読み方:ピーエイチピー)

PHPは、Webアプリケーション開発において主流で使用されているプログラミング言語で、ソースコードが易しいため初心者向けのひとつです。

PHPが使われているものの代表格には『WordPress(ワードプレス)』があります。WordPressは、ソースコードを書かなくても、ユーザーがWebサイトの更新を行える便利なシステムです。

PHPで作られている身近な例ですと、SNS『フェイスブック』や、検索サイトの『Yahoo!』、グルメ系口コミサイト『ぐるなび』等があります。

Ruby(読み方:ルビー)

Rubyは、日本国産のプログラミング言語であり、開発能率の高さが知られています。

プログラマーにとって、Rubyはコーディングしやすい仕組みであり、加えて「Ruby on Rails」というフレームワークによって大幅な開発工程の短縮化ができます。開発コストの削減を図る企業がRubyを導入したため、普及が進みました。

また、Rubyの開発者が日本人であるため、日本語で書かれた参考書が多数出版されています。

プログラミング言語の書籍や最新情報は、英語で広まることが主流なため、内容を理解するためには英語スキルが必要です。書籍やWebサイトに翻訳されるまでに、時間がかかることと誤訳の恐れがデメリットでした。

「日本人のプログラミング初心者」にとっては、日本語での学習が容易なRubyは、入門しやすいプログラミング言語と言えます。

プログラミング初心者におすすめの勉強法

パソコン学習中の女性社員

プログラミング初心者におすすめの勉強法を、3つに分類してまとめました。

  • 独学
  • ネットのプログラミング講座
  • プログラミングスクール

効率よく、継続できるプログラミング学習を行うには、自分の気質や生活スタイルにあった勉強法を選びましょう。

勉強法1.独学

独学は、プログラミング関連の入門書や、ネットの学習サイト・関連記事を利用して、自力でプログラミングスキルと知識を習得します。プログラミング関係の資格取得を目標にして、知識とスキルを高める方法もあります。

自分の好きなタイミングと時間で勉強ができるので、社会人が働きながら学習するには向いています。

ただし、モチベーションを自分一人で維持しなければいけない点や、間違って憶えた知識を、自分で気づかなければ誰も正してくれない点など、根気が必要になります。

勉強法2.ネットのプログラミング講座

プログラミングの学習講座を、ネットで受けられるサービスを実施している企業があります。受講料を支払うことで、一定期間スマホ・タブレット・パソコンなどで講座を閲覧できます。スキマ時間でも学習できるので、忙しい人に好評です。

しかし、端末で受講する時間を作るかどうか、本人のモチベーションに寄るところがあります。プログラミング学習が進まなくても、一定期間が過ぎたら受講閲覧する権利が失われ、受講料が無駄になってしまうというリスクもあります。

勉強法3.プログラミングスクール

プログラミングスクールに通うと、専門の講師が教えてくれますし、わからないところは室温ができるので、学習効率が上がります。同じ志を持った生徒が周囲にいますので、相談しあったり、モチベーションの維持にも役立ちます。

また、IT業界の様々な分野からスクールに求人がありますので、就職・転職の情報を集めやすいというメリットもあります。

ただし、スクールに通うための時間を確保しなければいけませんので、生活スタイルによっては利用が難しい場合もあるでしょう。

プログラミング初心者には学習前の準備が必要!

黒髪女性が屋外でアイパッドを操作している

プログラミング関連は、馴染みがない言葉がたくさんあります。

初心者の方は、本格的な学習を始める前に、「環境を整える」「プログラミング関連の基礎用語を知る」「自分に合った学習方法を見つける」などを行うと、学習が継続しやすくなります。

どのような分野でも、初めは誰もが初心者です。ITエンジニアになるため、プログラミングの習得を目指しましょう!