プログラミング

プログラミングは3つの基礎知識を知ることから始めよう!

GOODWORK 2018/10/22
プログラミングは3つの基礎知識を知ることから始めよう!
FacebookGoogle+TwitterHatena

プログラミングを学ぶにあたり、基礎知識を習得しているかどうかは、学習効率に大きな影響を生む要因になります。

プログラミングとは何か?どのようにすれば基礎知識を習得しやすいか?

学び始める前に知るべき、基礎知識とプログラミング言語の学習方法を紹介します。
 

プログラミングとは機械に命令すること

マトリックス風のグリーンコード
プログラミングとは、コンピューターへの命令を書くことです。

パソコンやスマホ、ロボットはもちろん、現代は家電にもコンピュータ搭載の物があります。

コンピューターは、プログラミングされた命令に従うことで人の役に立っています。

コンピュータが必要不可欠の情報化社会では、プログラミング技術を持つ人の需要は、今後も高くあるでしょう。
 

プログラミング基礎知識を知る前に

タブレットで閲覧中の女性
プログラミングの学習を始める上で、IT業界で使われている基礎用語は理解しておきましょう。

日々の生活で何気なく使っていても、いざ説明しようとすると言葉にならない人もいるのではないでしょうか。

初心者がプログラミングを学ぶにあたり、下記にある3つの基礎用語は理解しておいた方がいいです。
 

  • インターネット
  • Webサイト・サービス
  • プログラミング言語

 

インターネット

インターネットとは、世界中の情報機器が接続されたネットワークのことです。

私達はWebサイトを見たり、コミュニケーションツールとしてインターネットを利用しています。

たとえば、私達がWebサイトを閲覧する際、各ネットワーク機器がプログラミングされた命令に従って情報を発信します。

スマホやパソコンも、プログラミングされた命令に従って情報を受信することで、私達はインターネットを利用できます。
 

Webサイト・サービス

インターネットで公開されるWebページの集まりのことを、Webサイトと言います。

日本ではホームページと呼ばれることもあります。

Webサ-ビスとは、インターネット経由でアプリケーションソフトを利用するサービスのことです。

アプリケーションソフトとは、文書ファイルを作成するワープロソフトから電子メールをやりとりする電子メールソフト、音楽データを再生する音楽ソフトなど特定の作業を行うために使用されるプログラムの総称です。

私達がインターネットを使用してニュースや動画を楽しめるのは、インターネットに接続されたシステムがプログラムに従ってサービスを提供しているからです。
 

プログラミング言語

プログラミング言語とは、コンピュータを人間の意図どおりに作動させるため、機械に命令を伝えられるよう開発された言語です。

プログラミング言語は、世界中に200種類以上あると言われており、目的に応じて使い分けることが重要です。

たとえば、Webページを機能させるにはHTMLやCSSという仕組みが使われますし、スマホのアプリはJavaやC#というプログラミング言語が使われています。

開発するものによって、習得すべきプログラミング言語は異なります。

あなたの目的に合ったプログラミング言語を学習するといいですね。
 

プログラミング基礎知識の学習法

仕事が捗らない新卒の女の子
プログラミングを全く学んだことがない人にとっては、どこから学び始めればいいか分からないこともあるはず。

プログラミング学習を始めるには、まず勉強するプログラミング言語を選びましょう。

どのプログラミング言語を学ぶかは、何を目的にするかで変わります。

たとえば、一般の会社でプログラマーとして勤めるのが目的ならば、JavaやPHP、Pythonといった需要の高いプログラミング言語を学ぶのが良いでしょう。

学ぶべきプログラミング言語の選択には初心者向けおすすめ言語の記事を参考にしてください。

学習するプログラミング言語が決まったら、次に教材を選択します。

プログラミング言語を効果的に学ぶためには、以下の3つが最適です。
 

  • 参考書を使って独学する
  • オンライン学習を活用する
  • プログラミングスクールを活用する

 
それぞれメリットとデメリットがあるため、詳しく見ていきましょう。
 

参考書を使って独学する

プログラミング言語の書籍は、本屋やネット通販など手軽に購入できます。

本屋ならば、中身を確認できますし、ネット通販ならばレビューなどが選ぶ参考になります。

また、独学は自分のペースで学びたい人にも良い方法です。

学校や会社の影響で、毎日決まった時間での学習が難しい人は、自分のタイミングで勉強していける独学がストレスなく進められるでしょう。

しかし、自分でプログラミングするための環境を作るのに手間がかかることや、困ったときに相談する相手がいないのが、独学のデメリットです。

自己管理に長けた人向けの勉強法とも言えます。
 

オンライン学習を活用する

インターネット上には、プログラミングを学習できるオンラインサービスがあります。

たとえば、電車で通勤・通学をする際のスキマ時間に、スマホやタブレットでプログラミングを学べます。

動画や画像で学べるため、初心者にも分かりやすいのがメリットです。

しかし、中級者・上級者の講座は有料となっているサービスもあり、費用がかさむ恐れがあります。

実践形式でプログラミングを学びたい人や、本での学習が合わない人におすすめです。

プログラミングをオンラインで学べる講座を紹介している記事がありますので参考にしてください。
 

プログラミングスクールを活用する

プログラミングスクールとは、IT業界で必要となる知識やプログラミング言語に関する授業を受けられるスクールです。

プログラミングスクールでは、理解が難しい箇所やテキストに答えが載っていない疑問点などを、専門講師に直接質問できるのがメリットです。

また、プログラミングスクールにはIT企業からの求人情報が集まるので、プログラマーとしての就職・転職を望んでいる人には効率的です。

しかし、お住まいの地域から通える範囲にスクールが無い場合があったり、学びたいプログラミング言語の講座がない場合があるのがデメリットです。

学習へのモチベーションが維持できるか不安だという人や、独学で理解できるか自信が無いという人にはプログラミングスクールへの通学がおすすめです。

スクールによって学べるプログラミング言語や受講期間に違いがありますので、詳しくは無料のプログラミングスクールを紹介している記事をご覧ください。
 

優れたプログラミングとは?

スーツ姿の男性がサムズアップ
初心者は「保守性の高い」プログラミングを意識して学習を始めるべきです。

プログラミングにおける保守性とは、機能の変更や追加のしやすさのことです。

重要となるのが、ソースコードの読みやすさです。

ソースコードとは、プログラミング言語を使用したコンピューターへの命令文です。

ソースコードはコンピューターが読み取るだけでなく、プログラマーにとっての読みやすさが重要視されます。

具体的には次の2つを意識してプログラミングを行うといいでしょう。
 

  • サンプルコードを真似する
  • 参考書などのサンプルコードは、初心者が理解できるように書かれているため、保守性が高いソースコードです。
     

  • コメントを残す

ソースコードにはコメントと呼ばれるメモ書きを残せます。

処理内容のメモを残すことで、理解しやすい保守性の高いソースコードになります。
 

プログラミング知識が役に立つ仕事

iPhoneを右手で操作
プログラミング言語によって、できる仕事は変わります。

HTMLやCSS、Javascriptを学べばWebページを制作できますし、Javaを学べばスマートフォンのアプリ開発やデータベース管理も可能です。

IT業界では企業によって開発するものが違います。

習得したプログラミングスキルでWebデザイナーやエンジニア、プログラマーと多様な仕事で役に立つのです。

プログラミングを学びたいと考えている人は、自分の目的に合ったプログラミング言語を学習するようにしましょう。
 

基礎知識を学んでプログラミングを始めよう

青いシャツを着た人がアップルマシンでプログラミング中
初心者や未経験者にとって、プログラミング関連は聴き慣れない言葉が多数あり、初歩からとまどいがちです。

プログラミングを学ぶ前に基礎知識を習得すると、学習がスムーズになり、効率が上がります。

プログラミングに興味を持ったなら、まずは基礎知識を憶えるところから取り組みましょう!