プログラミング

Javaの勉強方法とは?初心者向けのプログラミング学習を紹介

GOODWORK 2018/10/24
Javaの勉強方法とは?初心者向けのプログラミング学習を紹介
FacebookGoogle+TwitterHatena

Javaは、世界でもっとも活用されているプログラミング言語です。

Javaプログラミングを学ぶことで、IT業界への就職やアプリ開発が可能になります。

当記事では、Java初心者に向けて、効果的な勉強方法をまとめました。
 

Javaとはプログラミング言語の1つ

ビジネスのポイントを指し示す男
コンピューターを動かすソフトウェアは、プログラミング言語によって作動しています。

過去には、人間が理解しにくい機械語を使用してコンピューターを動かしていました。

しかし、機械語の使用があまりにも難しいため、機械語への自動変換が可能で人間にとって理解しやすいプログラミング言語が普及しました。

多種多様のプログラミング言語のなか、世界的に有名なのがJavaです。

Javaは高いシェア率と機能性が強みです。

Javaを用いたシステムなら、WindowsやMacといったあらゆるOSで動作できます。

汎用性の高さにより、今ではTwitterやGoogleといったIT業界最大手も活用しています。

また、オブジェクト指向が備わっているのもJavaの特徴です。

オブジェクト指向とは、組み込まれたプログラムを分散化して独立させる仕組みで、保守性や拡張性を高めることができます。
 

Javaでできること

リンゴとノートパソコン
Javaはマルチプラットフォーム言語であり、他のプログラミング言語でできることは大抵できます。

そのためWeb系のシステムやデータベースなどに限定されることなく、どんなシステムでも開発を行うことができるのです。

実際Javaは、Androidアプリやゲーム開発、WEBアプリケーションや業務システム開発など色々なシステムで利用されています。

動作する環境に影響されず、実行速度も速いことが、多くのシステム開発現場で使用される理由です。
 

Javaの勉強方法とは?

パソコン教室の横並び風景
おすすめするJavaの勉強方法は、3種類あります。

  • オンライン学習サービスの受講
  • Java入門書を購入して独学
  • プログラミングスクールへの通学

これからJavaの学習を始めようと考えているならば、基礎から学ぶことをおすすめします。

プログラミング言語は、言語によって表記方法に違いがあります。

基礎的な部分の認識にズレがあると、思いがけないエラーが発生する可能性があります。

そのため、新しいプログラミング言語を学ぶ際には、確認の意味も込めて基礎から学ぶようにしましょう。
 

Java勉強方法1.オンライン学習サービスの受講

プログラミング言語を触ったことがないJava未経験者は、オンライン学習を活用してみてはいかがでしょうか。

オンライン学習では動画を用いてプログラミングを勉強したり、プログラムの試験問題を解いたりすることで効率的に学習できます。

オンライン学習サービスの中には、ブラウザ上でJavaの学習環境を整えているところもあります。

そのため、Java開発用プログラムのインストールを行い、開発環境を用意する必要がありません。

ブラウザ上でテキスト入力して勉強できるため、気軽に学習を始められます。

他にも、有料でコーチングを行ってくれるサービスもあり、1人だとJavaを理解できるか不安な人には有益です。

わかりやすさを重視した講座を見つけてプログラミングを学びましょう。
 

Java勉強方法2.入門書を購入して独学

学習時間の確保が難しく、自分のペースでJavaを勉強したい人には、Java入門書を活用しての独学がおすすめです。

オンライン学習サイトのサービスは学習期間に応じて、お金を支払う必要があります。

短期間でJavaを習得して解約するのであればいいですが、何ヶ月間も有料サービスに契約していると、書籍購入費以上の料金を支払う恐れがあります。

書籍を購入しての勉強方法は、追加の支払いをしなくて済むのがメリットです。

プログラミング学習本はJavaを熟知している人が、初心者の知るべき内容を詳しく解説しています。

自分のレベルや用途に合った書籍を選ぶことも重要になってくるでしょう。

書籍での勉強は「細かいところを知りたいんだけど、ネットで検索しても出てこない」という人に最適な勉強方法だといえます。

ある程度Javaプログラミングができるようになったら、中級者・上級者向けの書籍を購入してレベルアップが図れます。
 

Java勉強方法3.プログラミングスクールへの通学

オンライン学習サイトの受講や入門書による独学は、自己管理ができる人向けの勉強方法ともいえます。

スキマ時間を使ってスマホやタブレットから受講するにしても、時間を確保して入門書を開くにしても、自分で計画的に勉強を始めないといけないからです。

自己管理に自信が持てない人には、プログラミングスクールの通学をおすすめします。

同じ志の生徒たちと一緒に学習することや、専門講師に習ったり質問をしたりすることで、
モチベーションを保ちやすくなり、Java学習に励めます。

また、プログラミングスクールには、IT企業からの求人情報が集まります。取得したJavaから、エンジニアとしての就職や転職を検討している人にも向いている勉強方法です。

有料のプログラミングスクールが特集された記事と、無料のプログラミングスクールを紹介した記事がありますので、併せてご覧ください。
 

Javaを無料で勉強できる!プログラマースクール

プログラミングスクール
Javaが学べるプログラミングスクールを、参考にひとつ紹介しましょう。

プログラマースクールは東京・秋葉原にある教室で、受講料・入学金・教材費など0円で受講できるのが最大の特徴です。

1ヶ月から3ヶ月の受講期間の中で、Javaプログラミングの基礎・初級・上級の学習や、就職に向けてのビジネスマナー講座が行われています。

ぼくらのあした

地方在住者で「東京の学校なんて通えないから関係ないよ…」と思われている人には、プログラミング学習支援サービス『ぼくらのあした』を検討してみてはいかがでしょうか?

『ぼくらのあした』は、プログラミング学習を志す地方在住者の、就職・住居・上京支援のサービスです。
 

  • 上京する際の交通費を支給(上限15,000円)
  • 東京での住居(シェアハウス)を、家賃無料で提供
  • 1,500社以上の企業から就職先を紹介

入学時に、預かり金として10万円を納める必要はありますが、『ぼくらのあした』サービスを経由して就職が決まれば、全額キャッシュバックされます。

詳しくは『ぼくらのあした』公式サイトをご覧ください。
 

Javaの勉強は自分に合った方法で進めよう

シェアオフィスイメージ
Javaは汎用性の高いプログラミング言語で、趣味でアプリ開発をしてみたい人にも、IT業界への就職を希望している人にも、勉強するメリットがあります。

Javaの勉強方法は、自分の性格や生活スタイルに合ったものを選びましょう。

Javaの学習に関して詳しい記事がありますので、ぜひご覧ください!