プログラミング

プログラミング言語ランキングからトレンドを把握!TOP10を紹介

GOODWORK 2018/11/26
プログラミング言語ランキングからトレンドを把握!TOP10を紹介
FacebookGoogle+TwitterHatena

「プログラマーになりたいんだけど、どのプログラミング言語を勉強すると働くのに有利なんだろう?」と困っている人には、ランキングからのトレンドを把握することをおすすめします。

今回は、プログラミング言語の世界的ランキングから、すでに需要の高い言語や、今後需要が伸びていくと予想される言語を紹介します。

プログラミング言語ランキングから世界のトレンドを知ろう

表彰台のイラスト
プログラミング言語とは、コンピュータを人間の意図どおりに作動させるために、指示を与えられる言語です。

現在、プログラミング言語は世界中で200種以上あると言われていますが、すべてが同じように活用されているわけでなく、ビジネスシーンで使用されるものはごく一部です。

(画像引用元:TIOBE Software社_プログラミング言語ランキング_2018年10月度)

上の画像は、オランダのTIOBE Software社が公表している、プログラミング言語ランキングのトップ10です。

TIOBE Software社では、毎月ランキングが発表されていますが、すべてが入れ替わるような大きな変動は無いので、上の画像だけでも参考となります。

次からは、プログラミング初心者に向けて、TOP10の言語を紹介していきましょう。

1位:Java(ジャバ)

マックブックを操作中の女性
Java(ジャバ)は、世界でもっとも使用されているプログラミング言語です。

Javaの人気が高い理由のは、「OSに依存しないため、汎用性が高く、多様な現場で使用できる」という特性があるためです。

OSとは、Operating System(オペレーティング システム)の略で、コンピュータを動かすための基盤となるシステムです。

たとえば、パソコンならば「Windows」や「Mac OS」、スマホなら「iOS」や「Android」がOSとして有名です。

OSが違うと、基盤となるシステムが変わるので、プログラムが作動しなくなる恐れがあります。

Javaは、さまざまなOSでも動くように作られたプログラミング言語なので、「広く利用・応用できる」という意味で汎用性が高く、世界中で使用されています。

  • Androidスマホのアプリ開発
  • 家電に組み込むコンピュータ
  • 金融機関の制御システム

には、Javaを活用したものが多数あります。

需要が高いJavaの習得は、就職にも有利とされているため、学習を志す人も多いです。

Java初心者向けの基礎知識と勉強コンテンツについてまとめた記事がありますので、興味を持った人は一度ご覧ください。

2位:C(シー)言語

MBAで作業をするビジネスマン
C(シー)言語は、1972年に開発されたプログラミング言語で、さまざまな言語の中でも長い歴史を持ちます。

また、他の言語よりもコンピュータ寄りのコードであるので、難易度が高めという特徴を持ちます。

しかし、プログラミングの仕組みやコンピュータの動作を理解するには、C言語の習得は適しています。

C言語は、以下の事柄に利用されています。

  • IoT(家電など、さまざまなモノをインターネットにつなげる仕組み)
  • パソコンのOSやソフトウェア

3位:C++(シープラスプラス)

カフェのテラスでノートパソコンを使っているスーツ姿の紳士
C++(シープラスプラス)は、C言語に拡張機能が追加されたプログラミング言語です。

日本では、通称として「シープラ」や「シープラプラ」とも呼ばれます。

元となったC言語と互換性があるため、C言語とC++が一緒に使用されて開発されることもあります。

C++によって開発されるのは、C言語と同じく、ソフトウェアや機械への組み込みアプリケーションがメインです。

有名なソフトウェアには、ChromeやSafariといった、Webブラウザの開発に使われています。

4位:Python(パイソン)

パソコン作業中のブロンド白人女性赤マニキュア
Python(パイソン)は、以下の特徴を持つプログラミング言語です。

  • 他言語に比べ、少ないコード量でプログラムを作れる
  • コードが読みやすいので、チームでの開発にも向いている

取扱いやすいので、Pythonはプログラミング初心者向けの言語としても人気があります。

さらに、現在注目を浴びている「人工知能」の分野でもPythonは利用されているので、人工知能の開発に進路を考える人が習得を目指しています

今ではAIや人工知能といった機械学習を行うために、Pythonがよく使われています。

機械による仕事の自動化は増えているため、Pythonを理解しておけば需要の高いAI人材になれるでしょう。

Pythonでは機械学習のほかに、Webサービスにも活用されています。

有名なSNSであるYoutubeやインスタグラムなどの開発に活用されているのです。

新しい技術を活かして年収を増やしたい開発者にオススメ。

5位:Visual Basic .NET(ヴィジュアル ベーシック ドットネット)

自然光とノートパソコン
2001年にマイクロソフトが開発したWindows用のプログラミング言語がVisual Basic .NET(ヴィジュアル ベーシック ドットネット)です。

VB.NETと略されることも多く、文法が人間が使っている言葉に近いのがポイント。

JavaやC言語とは違ってコードを直接入力するのではなく、エンジニアは開発環境からパーツを配置して命令します。

プログラミング言語を使ったことがない初心者や未経験者が学習するのに役立つでしょう。

6位:C#(シー シャープ)

ノートPCを触るビジネスマン
C++と似たような文法を残しつつ、オブジェクト指向を導入したプログラミング言語がC#です。

マイクロソフトが開発をしていますが、VB.NETとは違って利用する自由度が高いのが特徴。

機能性の高いC++とオブジェクト指向を持つJavaのメリットを、C#に上手く組み合わせて開発されました。

C言語を習得している人であれば、C#を活用するハードルは低いでしょう。

Visual Basicとは性質が異なり汎用性が高いから、マイクロソフトだけでなくMacのOSやスマホのアプリケーションにも使われています。

スマホアプリの開発案件を取りたい技術者はC#を学習すると良いですね。

7位:PHP(ピー エイチ ピー)

このPHPのコード「company」の「o」が抜けてコムパニーになっていますよ
Webサーバー側でWebサイトを操作するプログラミング言語がPHPです。

Webページを作成するために使われるHTMLと一緒に入力出来て、初心者でも簡単にコードを組めるのがポイント。

Webサイトを動的に操作できることにより、記事を更新したりページを書き換えたりするのが容易になります。

Webページの検索機能やお問い合わせを実装するのにもPHPは役に立つのです。

無料でブログを作成できるWordPressや多くのCMSにPHPは使われています。

Webにおけるバックエンドエンジニアを目指している人は、PHPを学習することを推奨します。

8位:JavaScript(ジャバ スクリプト)

薄くてスタイリッシュな第2世代バタフライキーボードの打ちやすさ
Webページに動作を加えることを可能にするのがJavaScriptです。

ページを設計する言語であるHTMLやCSSでは不可能な動きを導入させて、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

表示している画面を一番上に戻す機能や、ポインタを載せると表現を変化させる機能を実現できるのです。

ユーザーの満足度を高めるために、今では多くのWebサイトがJavaScriptを活用しています。

ユーザー側で動作するスクリプト言語だから、フロントエンドエンジニアやWebデザイナーにJavaScriptを使うことが要求されます。

Webサイトの設計をしてみたいエンジニアにおすすめです。

9位:SQL(シークェル、またはシーケル)

WiFiが使えるカフェで作業をするIT美女
SQLは「シークェル」「シーケル」と読まれます。

データベース言語の一種で、データベースの定義や操作を行えます。

データベースとは、収集したデータをDBMS(データ管理用のプログラム)で整理し、操作できるようにしたものを指します。

国際標準としてのSQLは、何かの略語ではないと定義されており、「SQL」でひとつの固有名詞とみなされます。

他のプログラミング言語とは違って、SQLはアプリケーションやソフトウェアの構築には使われません。

ISO(国際標準化機構)で規格が標準化されているので、一度習得すれば、様々なデータベースでほぼ同じように操作ができます。

プログラミングをこれから学ぶ人にとっては、業務上で必要になったら勉強してみると良いでしょう。

10位:Swift(スウィフト)

iPhoneを右手で操作している光景
Swiftは、Appleが自社製品のアプリケーションを作るために開発したプログラミング言語です。

2015年にSwiftのコードが公開されていることもあり、ポテンシャルが高いのがポイントです。

MacやiPhoneのアプリ開発で使われていたObjective-Cとは違って、利便性が高くなっていて初心者でも扱いやすくなっています。

プログラマーとしての将来性を考えるのであれば、Swiftは理解しておいて損はありません。

プログラミング言語ランキングのまとめ

微笑む女性がスマホ片手にノートPCで仕事
人気のプログラミング言語には社会的なニーズが高く、習得するとキャリアアップにつながります。

自分の目的や将来を考えてプログラミング言語を学習してみることがオススメです。